チビ太とちょっと実家に・・・

昨日は、以前から楽しみにしていた事があって、お墓まいりしながら、実家に行ってきました。
それは・・・
うちの実家の地区(村うち)の方で、100年経ったおうちを古民家再生。
そして、昨日は完成お披露目会があったのです。
以前から聞いていて、とっても興味があったので、完成の際は是非見させて下さいとお願いしていたのですが・・・
今までのお家を知っていたので・・・素晴らしいのひとことです。
設計を担当したのは、松代(新潟県)に住む、ドイツ人のカール・ベンクス氏。
古民家再生では、かなりの有名人です。
全景を見て、まずはあまりの変りように感嘆!
d0050871_11145514.gif

入ってすぐの玄関ホールも素敵のひとこと・・・
d0050871_11151372.gif

一階は吹き抜けになっていて、特に3階は太い梁がむき出しの、かなり素敵なフリースペース。
d0050871_11152947.gif

小さな窓はまるでフレームになっていて、きれいな自然の景色が絵画のようで・・・
d0050871_11154483.gif

カールさんはどの人ですか?
って、聞いたばかりに、わざわざ呼んでいただき、恐縮。
かなり素敵な方で・・・親子共々、ノックダウン。(笑)
d0050871_1116280.gif

カール氏のお話の後は、東京からこの日のためにお祝いでかけつけてきた
かわいい高校生バンドの演奏が2階でありました。
d0050871_11162967.gif

ほんの2時間ほどでしたが、実家の地区にこんなに素敵なおうちが出来たなんて、ひとごとながら嬉しかったです。
そして、お祝いも地区の方や、もう出て行かれた親戚の方たちも大勢きていて、さながらお祭りのようで、楽しかったです。
あらためて、日本家屋の素晴らしさ、特に私は太い梁に感動・・・
うちの実家も素晴らしい梁や、囲炉裏、高窓、があったのに・・・
どうして、こうゆうお家にしてくれなかったんだろう・・・
って母にいうと・・・。
だって、お金がなかったもの・・・
そこかよ!って突っ込みいれたくなりました。

改築されたK様、おめでとうございました。

kaccoママ
by 392430 | 2009-08-17 11:24 | ひとりごと・日記編 | Comments(0)

上越市の、とある?!商店に嫁いだ二代目嫁の笑いあり、涙あり(?)、レシピありの奮闘記です。


by kaccoママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31