お祭りが、終わりました…。

あの騒がしかった家の前も、きょうは閑散として・・・
またいつもの日常が帰ってきました。

写真を見て、昨日の楽しかったおせん米を振り返ります。

これが我が町内、「安国寺」の屋台。
d0050871_14372560.jpg

真ん中にそびえるのは、上杉謙信公です。
d0050871_14374685.jpg

こちらは、安国寺の綺麗どころ。
チビ太に向かって「ハイ、チーズ。」♪
d0050871_14382099.jpg

そして、最後の屋台が通ったあと、ゴミ拾いをしてくれている「地区連」の方々。
「地区連」の皆様、お疲れ様でした。

直江津のお祭りは各町内「屋台」があって、それがあるからこそ、老若男女みんなが一つに団結します。
自然と、縦のラインがしっかりとして、顔を知っている、知らないは関係なく、若い者は年長者の意見を聞き、子供たちも、年上は年下の面倒を見る、年下は年上の子のいうことを聞く。
そんなことは誰が教えたということではなく、子供のときから身についている当たり前の美しい形が出来上がっています。
それが、私にとってはとても心地良いです。
これだけ、人との関係が希薄になってきている世の中ですが、直江津の祭りにはがあります。
この良い伝統がこの先いつまでも続きますようにと願わずにはいられません。

kaccoママ


簡単レシピで食卓革命:簡単味噌漬けの素「旨漬床」、味噌仕立て鍋も簡単「万能みそだれ」。
味噌屋が造った革命調味料をお試しあれ!

by 392430 | 2012-07-30 14:58 | ひとりごと・日記編 | Comments(0)

上越市の、とある?!商店に嫁いだ二代目嫁の笑いあり、涙あり(?)、レシピありの奮闘記です。


by kaccoママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31