千代の光の社長さんから頂いた[もち純米]。
大変な手作業を目の当たりにして・・・大切に飲まなければ・・・。
・・・・・それには、少し気合の入ったおつまみを!っと帰ってきてからずぅーとメニューに悩みました。
せっかくだから、いつもはあんまり作らない、ちょっと変わったものを!
[えびとはねぎとわかめとカニかまの黄身酢和え]
材料は、何でも良かったのですが、はねぎとわかめは、さっと湯がいて、ボイルしたエビとカニかま(我が家では、カニは贅沢なので・・・)をお皿にいろどりよく盛り付けます。
d0050871_179172.jpgここからは、黄身酢作り。一応の分量。

卵黄2個分。

酢―大さじ2~3

みりん―大さじ1

砂糖―大さじ1弱

塩―ほんの少し

以上を耐熱ボールに全部入れて、よーく混ぜ合わせておきます。
大き目の鍋に半分くらいお湯を沸騰させたら、先ほどの黄身酢のボールをお湯につけながら、たえず混ぜて、黄身に火をとおすように温めて、とろっとしてきたらおろして、冷まします。
あとは、盛り付けておいたものに、黄身酢を大きめのスプーンですくって、上にふわっとかけたら、出来上がり!!

d0050871_17262088.jpg
さて、いよいよ[もち純米]をいただくか・・・
まずは、常温でひと口。・・・うぅーーん。アレ?
私の中では、純米臭さがきて、結構ヘヴィーな勝手なイメージがあったのですが、いえいえ・・。
香りもあの純米独特の重さがなく、口に含んで、飲み込んだあとまで、口当たりと香りが柔らかく、甘めのイメージだった[千代の光]において、甘すぎず、後味のキレもいい!

次に、社長さんお薦めの[ぬる燗]で・・・
程よく温かいお酒は、口を近ずけた瞬間に感じるウッとむせる様な香りとは、程遠く、柔らかな米本来の香りが漂い・・・なんとも優しい気持ちにまでしてくれました。

もちろん、お料理との相性もバツグン!!

明日からは、今まで苦手だった純米や、燗酒にも挑戦していこう!と心新たにさせてもらいました。

太っちょかずこママ
# by 392430 | 2006-02-19 17:28 | 大好きです!お酒編 | Comments(0)
久しぶりに気持ちよく晴れて、太陽の光がキラキラと輝く中、夫婦で[千代の光酒造]さんを訪ねてきました。(初訪問!)
旧新井市の妙高寄りにある蔵元へは、直江津から車で約50分位かかりました。
さすがに雪の多さがハンパじゃない!!
d0050871_2172735.jpg


住んでいらっしゃる方には、大変申しわけございませんが、高く積もっている[真っ白な雪]と[真っ青な空]との対比が幻想的かつ詩的で、とてもきれい・・・
まるで、別世界に来たようで、日頃の疲れを忘れさせてくれる、すばらしい情景でした。











d0050871_2175879.jpg

社長室から望む妙高連峰は光を浴びて美しく、このすばらしい自然の中で醸し出されるお酒は、美味しいはずだ・・・と思いました。

今日は、千代の光さんの蔵の中と、[もち純米]の仕込みを見させていただき、途中、蒸しあがったもち米を熱々のまま素早く手で小さくして、冷ます作業をお手伝い・・・
d0050871_2183172.jpg(果たして、お手伝いになったのでしょうか?・・・)
とっても近代的な蔵にあって、この[もち純米]だけは、蔵人さんたち全員による[手作業]には、ビックリ!!
こんなに大変な手間がかかっているお酒なんですねぇー。(感心・・・)


お土産にいただいた[もち純米]。
社長さんから、[このお酒は、ぬる燗が合う]とお聞きしたので、明日はお酒の感想とお料理をご紹介しますね!


太っちょかずこママ
# by 392430 | 2006-02-18 21:17 | 大好きです!お酒編 | Comments(0)
今日は、直江津南小学校の3年生の皆さんがうちの木田工場に味噌作りの見学にきてくれました。d0050871_17501467.jpg
地元の小学校なので、知っている顔がチラリホラリ。
皆んな元気で、うちのカリスマおじいちゃんに質問しておりました。
味噌がどのような工程で出来ているのか目の当たりにして、少しは理解してくれたかなあ?!
これを機会に、もっともっと味噌を食べていただきたいです。
最近考えるのは、醤油は食卓にあって、いつでもなんにでもかけて食べることはできるけど、味噌料理というと、お母さん達に手をかけて、料理してもらわないと食べれない食材なんだなぁー。って・・・
味噌は、身体によい食材です!!
d0050871_17503852.jpg

コレステロールを低下させたり、がん予防、疲労回復、胃潰瘍防止等・・・。
味噌汁の具をたくさんにすると、栄養価バツグンです。
毎日1杯でいいですから・・・お母さん!家族のために作ってあげてくださいね。是非、お願いします。

太っちょかずこママ
# by 392430 | 2006-02-16 17:54 | ひとりごと・日記編 | Comments(2)

[早春?!]の恵みです。

実家の母から、珍しいものが届きました、。
春の恵みの[ウド]です。
エッ!もう出てるの?と思った方・・・さすがに、まだ実家の山では採れません。
実は、市場に勤めている兄からの差し入れでした。
d0050871_20541885.jpg
[ウド]はさっとゆでで、酢味噌和えにしてありました。
みずみずしくて食感もよく、その上ちゃんと、本来の風味もあり、酢味噌の爽やかさととってもあって、ひと足早い春の恵みを美味しくいただきました。
サンキュ!

太っちょかずこママ
# by 392430 | 2006-02-15 20:58 | 今日のおかず(みそ類編) | Comments(2)
先日お昼にテレビで、自分で豆乳から作る汲み上げ豆腐の湯葉あんかけというのを見ました。
大好きな湯葉のあんかけ・・・というフレーズに心ひかれ、それ以来、ずぅーと作ってみたかったのですが、自分で豆腐を作る自信がありませんでした。
そこで、少し上等な絹ごし豆腐でアレンジ。
だし汁はかつおとこんぶで丁寧にとったものを使用。(多分ここが一番のミソ!)
もったいないので、だしをとったでがらし?!の[だし]にそのまま水をくわえて、おとうふを温める程度に煮ておきます。
あんかけに入れる湯葉は、油でさっと揚げて、ペーパータオルで油を落としながら、軽くつぶしておきます。
d0050871_14495346.jpgだし汁の分量

・だし汁・・・3カップ

・日本酒・・・大さじ5

・みりん・・・大さじ3

・塩・・小さじ2分の1

鰹だし入り醤油・・・大さじ3

・水溶き片栗粉・・適量

鍋にだし汁の分量を全部入れて沸騰したところへ、先ほどの湯葉を投入!
すばやく水溶き片栗粉でとろみをつけたら火を止めます。

お皿に、温かいお豆腐をお玉ですくって入れて、あんかけをかけて、仕上げにねぎとしょうがのすりおろし(ここもポイント!)をのせたら出来上がり。

だしの旨味を感じるやさしい味と食感がたまりません。

太っちょかずこママ
# by 392430 | 2006-02-13 14:56 | 今日のおかず(しょうゆ類編) | Comments(4)

上越市の、とある?!商店に嫁いだ二代目嫁の笑いあり、涙あり(?)、レシピありの奮闘記です。


by kaccoママ